スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風太の取説 その2 

風太の血統はかなり良い方だと推測されます。
性格もちょこっと路線がずれてるだけで異常なものではありません。
やんちゃ坊主がそのまま大人になってしまった そんな感じです。
何度も言いますが、基本オーライな子なんです。
この取説通りに接してくれたら今目の前にあるハードルは充分越えられる これはお約束します。
取説通りに です。 ここが肝要。

過度のスキンシップが絶対最初から必要な人には不向きです。
いや きちんとした絆ができてお互いの間にある壁がベルリンの壁の如く崩れた後できるようになる可能性は絶大です。
でも最初からは無理。 ダメ。 しないで下さい。

風太はとても頭の良い子です。
良く言えば 賢い。
悪く言うとずる賢い。
ちゃーんと与しやすい相手かどうか最初から計算しています。

先入観
これだけやいのやいの 咬む咬むと前置きがあると身構えてしまう。
これは当たり前のことですが、基。
風太の事を怖がらないで欲しいのです。
怖いと思う気持ちは必ず風太に届きます。
そしてこいつは大らかな犬ではないのです。
「あ この人僕のこと怖いんだな 怖くないんだよ僕は だからそっと貴方の差し伸べてくれる手を待つね」
そーんな配慮は微塵もできない了見の狭い、そう肝っ玉のちんまいヤツなんです。
故にこうなります。
「うげーこいつ俺のこと怖がっていやがる。 ううう 俺も怖い・・・やられる前にやってやるぅ」

この時点で 客観的強制終了 ちゃんちゃんであります。
そうならないために・・・先につなげて行くために・・・
取説は その3に続きます。

愛らしい顔をしてヘラヘラと そう ヘラヘラです。
すり寄ってきたり遊びに誘ったり・・・

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。