スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咬みグセのある犬には・・・ 

犬歯を(牙と呼ばれている歯)切ってまるめるという方法があります。
このような処置を講じていれば万が一事故が起こった場合も致命的な傷を与える事が少なくなるためです。
もともと犬の犬歯など鋭い歯は捕食のためにあるもので(獲物を倒す、獲物の肉を引きちぎり骨をかみ砕くなど)ドッグフードを主体の食餌生活に必要はなく支障はありません。

可哀想な気もしますが重大な事故を起こしてしまい取り返しがつかない状態に陥るよりずっと良いと思います。
歯を削る事に関しては先を丸めるだけと言うものからもっと沢山切るなど段階がありますから獣医師と相談して下さい。

ケース1 (歯の先を軽く数ミリカットし研磨した場合→歯髄に影響なし)


                 20120317095641236.jpg


            DSC384s.jpg


ケース2 (かなり厳しい咬傷事故を起こした犬で可能な限り短く切断)


            ダルメミックス


大型小型に限らず咬傷事故につながる何らかの兆候が見られる場合は 家庭賠償責任保険 という傷害保険に加入しておくのもよろしいかと思います。
詳細は傷害保険会社のHPなどで調べてみて下さい。         


スポンサーサイト

咬傷事故をおこさないために 

散歩のとき

いざというとき(他の犬とケンカになりそうになったときなど)犬を抱き上げられる体力

よその犬、小さな子供、お年寄り、自転車、車椅子など犬が反応してしまうような対象物を事前に見つける油断のない目配り&気配り

犬同士が喧嘩してしまったとき犬を分けられる頑丈な靴 (手で分けるのは危険です)

常にリード(引き綱)は短く、首輪、鎖は定期的に取り替えること


家では

柵や塀の隙間から犬の口が出ないようにする

普段人が通る場所には犬を係留しない

必ず呼び鈴かインターホンをつける
『中に犬がいます。御用の方はベルを鳴らして下さい』
張り紙なども効果的

門は必ず閉めておくこと
簡単に外れないカギをつけること


事件の紹介

犬の引き綱を外し空き地に放し遊ばせていたところ、犬が4才の少女の顔などを咬み、重症を負わせた。
少女は1ヶ月入院し、その後1年近く通院したが、顔や頭に10カ所もの傷が残った。
犬の飼い主に対し、慰謝料など総額1119万円の支払い命令(大阪地裁)

犬を鎖につないで散歩中、放れていた犬と喧嘩になり分けるために自分の犬を抱き上げようとした飼い主が、どちらかの犬に右腕を咬まれた。 1ヶ月の重傷。
犬を離していた飼い主に対し、慰謝料など23万円の支払い命令(大阪地裁)

母親が10才の少年と散歩中、秋田犬を連れた近所の主婦と出会い、立ち話になった。秋田犬は太いロープでつながれていたが、突然少年の首に咬みついた。少年はこれが元で二日後に死亡した。この犬がカコにも何度か咬傷事故を起こしていることから飼い主の「重大なる過失」が問われた。
重過失致死罪で禁固10ヶ月、執行猶予4年(東京地裁)
民事では示談が成立(推定5000万円前後)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。